日本華商総会
日本華商總會成立経歴
第二次大戦後、日本を管理していた同盟国が同盟国駐留期間に日本の対外貿易開放を目的の為、中英米ソ連国等物資交換業務を行う為に国際貿易商務代表者の派遣を各国に要請いたしました。

中華民国政府の国当局は国内各重要商業地区の優秀な輸出入商、40余名を物資交換業務活動へ参加、同時に「赴日商務代表」名義を中華民国経済部が正式認可、前後して1948年各グループ毎に日本で交易行うようになった。その後、全体商用代表は業務連絡の必要上、1950年5月20日共同発起し、中国駐在代表団官庁内で、華商機構創立大会を行った。会則を通して「日本華商輸出入商業公会」を命名、選挙を行い理事長1名、副理事長2名を選び、当会第一代理事長に曽先生が就任した。その後、曽理事長が日本を離れる事となり、我が国駐日代表団服務の周崇奇先生が退職し商人となったため、華商公会の人達と駐日代表団の事務打ち合わせとして周崇奇先生を推挙、当会の第二代理事長に就任した。第三代理事長薛本貴就任後、会の寄付金で東京都港区六本木7-5-10の華商会館を購入した。



1963年第一回「亜洲華商国際貿易交流会」が日本国で開かれ、同時に当会名「日本華商貿易公会」に改名、1968年第六回「世界華商貿易会議」が東京で開催され、当会は再度「日本華商總會」に改名。1996年3月当会選挙後第四代理事長朱文元先生に引き継がれ朱文元理事長は会長兼名誉理事長となり2017年4月20日理事会にて林冠銘先生が新理事長に選出され現在に至る。
Copyright 2014 THE CHINESE CHAMBER OF COMMERCE IN JAPAN All rights reserved.